2009年12月14日

神楽坂

今回は「懐の深い街」神楽坂を訪問しました。

毘沙門天善国寺を中心に江戸の粋を色濃く残す賑やかな繁華街、「神楽坂通り」は平日の昼間というのに多くの人々で賑わっていました。
その一方で、一歩路地を入ると隠れ家のようなレストランや料亭があり、非常に落ち着いた雰囲気でした。

そんな神楽坂もやはり時代の流れには逆らえず、徐々にチェーン店などが増えてきており、昔ながらの店は少なくなってきているようです。

そこで神楽坂に店を構えて60年になる陶器屋「太陽堂」のご主人に話を聞いてみました。

ご主人の話によると、当然だが街の雰囲気は変わってしまったようです。とくにバブル崩壊後にその傾向が顕著にみられるようになったようです。その原因はさまざまだが、後継者不足が一番大きな原因だそうです。そうして店じまいしたところにコンビニなどが入っていったそうです。

しかしそういった負の変化ばかりではないようです。フランス日仏学院などといったフランス関係機関がおおいため、フランス人が神楽坂近辺に住んでおり、フランス料理屋がふえているそうです。またイタリア料理屋などもあり国際的な面も見られるようになり新たな魅力になっているそうです。

このように昔ながらの伝統を守り続けるのは非常に難しく、どのように時代の流れを取り入れていくかが重要だと思いました。

ちょうど訪れた時「歳末レシート祭り」というのが行われていました。これは神楽坂通り商店街に加盟する店でもらったレシートの裏面に、氏名、住所を記載し、通りに設置されている抽選箱に投票し、当選すると商品券がもらえるというものである。

これには189もの店舗が参加しており、その中にはコンビニやファミリーレストランも含まれている。

西川口駅東口にある並木通りを訪れた際チェーン店は商店街の取り組みに非協力だという話を聞いたのだがこちらでは意思疎通ができているようである。

このように街全体が一体となって取り組むことがよりよい街づくりへの一歩だと考える。








posted by コ・ラボ西川口 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | まち歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34201970

この記事へのトラックバック